BGM#25「Dominant E-motion」


バンド+オーケストラの戦闘曲。サビ(?)のコード進行がD – Tのドミナントモーション連発なのでこんな曲名に。戦いの痛ましさを表現するならコーラスは少年の声を使ったほうが良いと思いました。マスタリング時に音の密度を上げて少しクリップさせてやって暴力感を出して完成!!

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
148 Am 3:28 激しい ロック

BGM#24「Little Wedding」


ハッとするようなピアノのアルペジオから始まる曲。以前まではCubase 4 studio、この曲からはLogic Pro Xで制作した曲です。重くてまともに動かなかったOmnisphereがぬるぬる動いて感動が高まりもう失禁ものでした。なんぼ奇麗な曲でも制作者がこれではどうしようもないね!!

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
127 D 2:08 優しい デジタル

BGM#23「Breefing Room」


出撃直前のブリーフィングのシーンをイメージしていたんですけ、気がついたらこれ格納庫でのシーンじゃねえか!!

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
130 Am 1:38 激しい ロック

BGM#22「Brutal City」


市街地での銃撃戦をイメージしたダーティなロック曲です。3拍子なんですがノリのいい楽曲に仕上がったと思います。ギターも弾いてて「このリズムん”気もぢいぃぃ!!」とアヘってました。末期ですね。リズム隊の展開を大きくして、譜割りを細かくすればアラ不思議。めまぐるしく動く攻防を表現できちゃう。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
140 Em 1:29 激しい ロック

BGM#21「立ち止まる」


推理や思考中をイメージした楽曲です。 何か見落としているような・・・いや・・でも・・・そんなわけないか・・いや待てよ・・・、みたいな。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
125 F#m 1:52 暗い デジタル

BGM#20「ドア越しのシュレディンガー」


今度は生楽器でホラー曲。不安を煽りたきゃストリングスにトレモロさせりゃいいと気付いた26の夜。BGM #18「忍び寄る不穏」と同時に作っていたので、低音の使い方が似てしまいましたがきっと霊障でしょう。ホラー楽曲作った祟りでしょう。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
90 Fm 1:41 暗い アコースティック

BGM#19「君の歩幅」


あれ、ジャズ作ってなくね?ということでほのぼのジャズ曲。どうすればジャズっぽくなるかイマイチ理解していないまま、「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ進行使えばいいんでしょ!使えば!」とかムッキーしながら書きました。細かい譜割にして女の子の狭い歩幅を表現。あと無意識にメロ作ったら3拍子と4拍子が同居する現象は一体何なんだ・・・。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
132 B♭ 2:18 明るい ジャズ

BGM#18「忍び寄る不穏」


ホラー系楽曲を作ってみました。いつもなんだかんだ歌モノに近い伴奏の楽曲ばかり作っていたので、こういったアンビエンス系は新鮮でした。主になるメロが少なかったので、ミックスの時全然音量のバランスを取れませんでした。これが1番のホラー。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
100 Cm 1:35 暗い デジタル

BGM#17「Sunshine Comedy」


ややコメディ調を意識した日常曲です。ビバ変拍子!DAW側の拍数の設定がめんどくて吐きそうになりました。Trilianのウッドベースを使用したんですけど、PC止まる止まる。いよいよ買い替えどきか!?あ、お金ないや。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
155 A 2:03 明るい デジタル

BGM#16「安らぎの部屋」


夜をイメージした穏やかな曲です。ピアノで伴奏しようと思っていたのですが、むしゃくしゃして全てハープに置き換えました。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
110 Bm 1:46 優しい ポップス