BGM#54「Bending Zone」


不安定さを表現したデジタル楽曲。主要パートにピッチベンドを効果的に使い、静かなセクションと激しいセクションをを交互に繰り返して聴く人の心をぐらっぐらにしようと試みた一曲。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
128 Am 2:00 暗い デジタル

BGM#53「Brain Keeper」


無機質な音色で有機的なものを表現しようと製作した楽曲。「人体」や「記憶」をテーマにした場面なんかでは使えるのではないでしょうか。それにしてもこういう楽曲作るとなるとOmnisphere先輩はほんま百人力やでぇ……。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
80 Dm 1:54 優しい デジタル

BGM#52「Crush the Sky」


シューティングを彷彿とさせるようなシンセサウンドを全面に押し出した激しい曲。雰囲気はバリバリのサイバー系。近未来を表現するために一昔前の音色を選択するとはこれいかに。高音のメロディを入れるとなんだか胸がざわついて緊迫感が出るという心理効果を狙ったわけでもないけど狙ったってことにしておこうそうしよう。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
131 Dm 4:05 激しい デジタル

BGM#40「リラクゼーション・パンチ」


脱力系のBGMです。コミカルだけどちょっぴりスパイシーな楽曲に仕上げました。日常系に限らず用途は広いと思います。多分。きっと。おそらく。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
95 A 1:41 優しい デジタル

BGM#31「Complex City」


市民の感情が乏しく、整然とされすぎている近未来都市、そんなイメージ。明るい音色は少なめに、ビートの強烈さだけで前に行く曲になりました。近未来がテーマなので、ピアノを入れていいものか迷いましたが、多分人間がいる限りピアノは無くならないだろうと思ったので入れちゃいました。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
140 E 2:12 暗い デジタル

BGM#24「Little Wedding」


ハッとするようなピアノのアルペジオから始まる曲。以前まではCubase 4 studio、この曲からはLogic Pro Xで制作した曲です。重くてまともに動かなかったOmnisphereがぬるぬる動いて感動が高まりもう失禁ものでした。なんぼ奇麗な曲でも制作者がこれではどうしようもないね!!

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
127 D 2:08 優しい デジタル

BGM#17「Sunshine Comedy」


ややコメディ調を意識した日常曲です。ビバ変拍子!DAW側の拍数の設定がめんどくて吐きそうになりました。Trilianのウッドベースを使用したんですけど、PC止まる止まる。いよいよ買い替えどきか!?あ、お金ないや。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
155 A 2:03 明るい デジタル

BGM#13「逢魔ヶCity」


ノベルゲーの”街”を意識した落ち着いた曲です。後半のシンセパートで日本的なホラーを表現しております。ピアノがロクに弾けない、でも自然な打ち込みにしたい!ってことで1小節ずつリアルタイム打ち込みする、という涙ぐましい努力の結晶。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
95 C 1:33 優しい デジタル

BGM#05「フィーバー!!」


元気な日常曲を作っていたら「ぷよ◯よ」みたいな曲になるという大惨事。いや「ぷよ◯よ」面白いけど。やり込んだけど。コレぐらいのBPMでの16ビートのアコギのストロークがとても気持ちがいい。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
157 D 2:42 明るい デジタル

BGM #01「My Mechanical Heart」



日常系のエレクトロニカです。電子音と生系の音を折り重ねて、人の心を持ちつつある機械を表現しました。エレクトロニカ初挑戦でしたけどナニコレタノシイ。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
110 A 1:29 優しい デジタル