BGM#64「Electric Phenomenon」

 

音楽作成ソフト、LogicProX付属の音源のみを使用、他のを使えば自害という制約のもと作りました。起伏のあるデジタル曲です。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
125 Cm 2:11 暗い デジタル

BGM#62「Time To Thrash」


色々と激しめのメタル+デジタル。バッキングのギターはエッジの効いたクランチ寄り?の音と、スムーズなディストーションの2つをユニゾンさせて独自の製法で混ぜ込みました。今回はボーカル有りverと無しverをご用意しています。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
140 Dm 2:45 激しい ロック

BGM#61「Synapse」

デジタルで作り上げた医療的エレクトロニカ。体内を駆け巡る血流や細胞をイメージして作りました。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
127 Bm 1:48 暗い デジタル

BGM#59「From beneath the rubble」

激しい戦闘のため廃墟と化した市街地にて再度戦いが始まろうとしているシーンをイメージ。暗い雰囲気のクランチギターをデジタルサウンドで包みました。MIDIパッドの購入記念に、リズムパートのリアルタイムレコーディングをしてみたかったのでドラムはほぼMIDIパッドで打ち込みました。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
135 Dm 1:50 暗い デジタル

BGM#56「決意」

「これから戦場でも行くんですか?」ってぐらいの決意を感じさせる楽曲。映画音楽的なものを目指しました。ひっじょーーーーにミックスダウンが難しい。自分のEQへの甘さを痛感。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
94 Gm 2:09 激しい デジタル

BGM#54「Bending Zone」


不安定さを表現したデジタル楽曲。主要パートにピッチベンドを効果的に使い、静かなセクションと激しいセクションをを交互に繰り返して聴く人の心をぐらっぐらにしようと試みた一曲。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
128 Am 2:00 暗い デジタル

BGM#53「Brain Keeper」


無機質な音色で有機的なものを表現しようと製作した楽曲。「人体」や「記憶」をテーマにした場面なんかでは使えるのではないでしょうか。それにしてもこういう楽曲作るとなるとOmnisphere先輩はほんま百人力やでぇ……。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
80 Dm 1:54 優しい デジタル

BGM#52「Crush the Sky」


シューティングを彷彿とさせるようなシンセサウンドを全面に押し出した激しい曲。雰囲気はバリバリのサイバー系。近未来を表現するために一昔前の音色を選択するとはこれいかに。高音のメロディを入れるとなんだか胸がざわついて緊迫感が出るという心理効果を狙ったわけでもないけど狙ったってことにしておこうそうしよう。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
131 Dm 4:05 激しい デジタル

BGM#51「Turn it up」


フッッッッッツーーーーーーのDubstep。EDM系にチャレンジした途端スランプに陥るという甘い罠。ちなみにドロップ部分以外のフレーズは去年組んだ企画バンドの登場SE用に書いたモノ。なので何かの登場のイメージ?になるかと思います。てかDubstepってこんなに手間かかんのかよ・・・。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
131 Dm 4:05 激しい デジタル

BGM#49「Ambient#01-type D」


メロディも何もない空気感だけのアンビエント。ウルサイのはいらないけど何かないとちょっと寂しい時に、うっすら流してもらえるといいと思います。ちなみにサブタイトルは「65’s Monster」。由来は、65秒ぐらいになにか大きなものが蠢くような音が入っているから。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
70 C 1:19 暗い デジタル