BGM#64「Electric Phenomenon」

 

音楽作成ソフト、LogicProX付属の音源のみを使用、他のを使えば自害という制約のもと作りました。起伏のあるデジタル曲です。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
125 Cm 2:11 暗い デジタル

BGM#63「傷」

暗く綺麗な弦楽四重奏です。悲しくて切ないシーンにどうぞ!!音源は古めのやつを使っていますがまだまだイケルなこれ。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
110 Am 1:59 暗い アコースティック

BGM#62「Time To Thrash」


色々と激しめのメタル+デジタル。バッキングのギターはエッジの効いたクランチ寄り?の音と、スムーズなディストーションの2つをユニゾンさせて独自の製法で混ぜ込みました。今回はボーカル有りverと無しverをご用意しています。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
140 Dm 2:45 激しい ロック

BGM#61「Synapse」

デジタルで作り上げた医療的エレクトロニカ。体内を駆け巡る血流や細胞をイメージして作りました。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
127 Bm 1:48 暗い デジタル

BGM#60「Rhythm and Call」

明るくおしゃれな雰囲気のファンク。電話越しにセッションしているような曲になりました。16ビートにしてはテンポ早めの曲なので、ゆったりした場面にはあわないかも?

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
135 Am 1:34 明るい ポップス

BGM#59「From beneath the rubble」

激しい戦闘のため廃墟と化した市街地にて再度戦いが始まろうとしているシーンをイメージ。暗い雰囲気のクランチギターをデジタルサウンドで包みました。MIDIパッドの購入記念に、リズムパートのリアルタイムレコーディングをしてみたかったのでドラムはほぼMIDIパッドで打ち込みました。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
135 Dm 1:50 暗い デジタル

BGM#58「He is the Man!」

元気いっぱいのロックンロールナンバー。とある企業様の新卒説明会用に書いた曲。0:55〜ぐらいからの高速ウォーキングベースが聴きどころ。アタマを空っぽにしましょう。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
163 Am 1:54 明るい ロック

BGM#56「決意」

「これから戦場でも行くんですか?」ってぐらいの決意を感じさせる楽曲。映画音楽的なものを目指しました。ひっじょーーーーにミックスダウンが難しい。自分のEQへの甘さを痛感。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
94 Gm 2:09 激しい デジタル

機材紹介#03 DAW「Logic Pro X」

録音からミックスまで

DAWとはデジタルオーディオワークステーションの略、平たく言うと作曲ソフトである。このソフト上でバーチャル楽器を立ち上げ、音を打ち込み、生楽器の録音を行い、ミックスダウンまですべての作業を行っている。

LogicPro Xは宗教法人AppleからリリースされているMAC専用DAWで、純正な分OSとの親和性が高くMAC特有の直感的な操作が可能なため、管理人のお気に入りDAWだ。というかコレしか使っていない。

MIDIの打ち込みは〇〇、オーディオ録音・編集は□□、ミックスダウンは△△。というように複数のDAWソフトや波形編集ソフトを併用している人もいるが、そういう方々はただの上流階級なので口をきいてはいけません。

続きを読む 機材紹介#03 DAW「Logic Pro X」