BGM#58「He is the Man!」

元気いっぱいのロックンロールナンバー。とある企業様の新卒説明会用に書いた曲。0:55〜ぐらいからの高速ウォーキングベースが聴きどころ。アタマを空っぽにしましょう。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
163 Am 1:54 明るい ロック

BGM#56「決意」

「これから戦場でも行くんですか?」ってぐらいの決意を感じさせる楽曲。映画音楽的なものを目指しました。ひっじょーーーーにミックスダウンが難しい。自分のEQへの甘さを痛感。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
94 Gm 2:09 激しい デジタル

BGM#55「All Out Attack」


デジタルベースのリズムに生音をのせた楽曲。勇壮な雰囲気を出したければブラスの音は外せない。サブベースとシンセベースを違うパターンでワブらせているのがけっこうミソ。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
170 Em 2:09 激しい デジタル

BGM#54「Bending Zone」


不安定さを表現したデジタル楽曲。主要パートにピッチベンドを効果的に使い、静かなセクションと激しいセクションをを交互に繰り返して聴く人の心をぐらっぐらにしようと試みた一曲。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
128 Am 2:00 暗い デジタル

BGM#53「Brain Keeper」


無機質な音色で有機的なものを表現しようと製作した楽曲。「人体」や「記憶」をテーマにした場面なんかでは使えるのではないでしょうか。それにしてもこういう楽曲作るとなるとOmnisphere先輩はほんま百人力やでぇ……。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
80 Dm 1:54 優しい デジタル

BGM#52「Crush the Sky」


シューティングを彷彿とさせるようなシンセサウンドを全面に押し出した激しい曲。雰囲気はバリバリのサイバー系。近未来を表現するために一昔前の音色を選択するとはこれいかに。高音のメロディを入れるとなんだか胸がざわついて緊迫感が出るという心理効果を狙ったわけでもないけど狙ったってことにしておこうそうしよう。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
131 Dm 4:05 激しい デジタル

BGM#51「Turn it up」


フッッッッッツーーーーーーのDubstep。EDM系にチャレンジした途端スランプに陥るという甘い罠。ちなみにドロップ部分以外のフレーズは去年組んだ企画バンドの登場SE用に書いたモノ。なので何かの登場のイメージ?になるかと思います。てかDubstepってこんなに手間かかんのかよ・・・。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
131 Dm 4:05 激しい デジタル

BGM#50「亡者たちの談合」


どんどん行くぜリクエスト第4弾!お題は「底意地の悪い悪役が話し合っているシーン」。弦楽5重奏です。妖しさと美しさと隠し切れない邪悪さを表現しました。舞台は洋風との事だったので、わかりやすいゴシックなセクションを設けて静かな中にもメリハリをつけています。

BPM KEY TIME Cat-01 Cat-02
70 Bm 2:03 暗い アコースティック